日本で期待のビジネスのライブコマースとは何?意味は?中国で有名なの?

日本で期待のビジネスのライブコマースとは何?意味は?中国で有名なの? ビジネス

「ライブコマース」を聞いたことがありますか?「ライブコマース」とはライブ動画とEコマース(ネットショップ)を組み合わせた販売方法です。

具体的にどのようなものなのか詳しく知りたい方もいるのではないでしょうか?

今回は「ライブコマース」について詳しく解説をしていきます。

ライブコマースとは何?

ライブコマースはライブ動画とネットショップを組み合わせた新しい販売手法となります。

一言でいうとライブ動画で商品を販売することとなります。

視聴者はリアルタイムで質問とコメントが可能なため、ネットショッピングでありながら実店舗で買い物をするような感覚が味わえます。

中国で始まったライブコマースですが、始まったのは2016年ごろです。

日本では2017年頃から複数のサービスが始またことで、国内の普及が期待されていましたが、2年間で撤退する企業も出ていました。

ですが、動画やリアルタイム性、更に商品理解の深さについて前向きな姿勢を見せました。

2020年にライブコマースが注目される?

また2020年になって再びライブコマースが注目されています。

それは一体なぜなのでしょうか?

ライブ配信が普及したため

現在、情報源が新聞やテレビからインターネットへ移行しつつあります。

世界中の幅広い世代でSNSが利用されていますが、ライブ配信サービスやその機能強化は多くのユーザーの抱える人気SNSによって相次いで始まりました。

これにより、既に多くのユーザーがライブ動画に慣れており、以前よりもライブコマースが受け入れられやすい環境となりました。

5G通信がスタートするから

日本では2020年の春から5Gがスタートします。

それにより実現したのが光速や低遅延、同時多数接続です。

スピードはなんと4Gの数倍です。

これは家庭やオフィスにある光ファイバーに匹敵するとも言われおり、ゲームや動画などの膨大なデータ量のものであっても、どこでも高速ダウンロードが可能であり、このような5Gという通信システムの進化により、一段と動画視聴のハードルも下がると予想されています。

在宅化により生まれた新たなトレンド

2020年新型コロナウイルスの感世拡大によって世界ではロックダウンや外出禁止令が発令されて、現在でも不要な外出を避けるなど様々な国が対策をしています。

日本でもイベントの中止や商業施設の営業時間短縮などがなされましたが、こういった在宅化によって、生まれた新たなトレンドを「巣ごもり消費」と呼びます。

ゲーム、健康器具、動画配信サービスで家で過ごす時間を充実させたいというニーズが高まっていて、世界中でEコマース市場の売上増加が見られて、コロナウイルスの影響で益々拡大していくことでしょう。

ライブコマースの特徴とは?

では実際にライブコマースを利用するとどのような購買体験ができるのでしょうか?

インタラクティブ性

Eコマースとはインターネット上にそのまま実店舗を置くというイメージです。

これは、商品の選定から購入までを基本的に1人で行います。

これがライブコマースですと、ECにテレビ通販やインタラクティブ性をかけ合わせたスタイルとなっています。

これは、視聴者と配信者の双方のやりとりで実店舗で買い物をするようなコミュニケーションが存在します。

文字や画像では伝えにくい情報であったとしても、インタラクティブなやりとりにより手軽に伝えることが可能となります。

そして、ライブ配信ならではの味わえる臨場感であったり、配信者のやり取りが心地よければ選定から購入までの過程にワクワクや楽しさがプラスされるでしょう。

インフルエンサーの存在

多くのファンやフォロワーを抱える有名タレントや人気インフルエンサーがライブ配信をするということで、本来であれば、商品に興味を持たないような層の獲得を期待することができます。

それは配信者によりけりで、収益性やPRなど望める効果が高いと言えます。

大切なのは配信者の存在

要はライブコマースに向いている配信者がいれば、商品も売れるということです。

商品を紹介することが得意で、PRが得意な人が配信を行えば、商品の売り上げ、企業の知名度をまたたくまに上げていくことでしょう。

しかし、一方で、配信中に閲覧をされなければ意味がないという課題もあります。

ある程度の知名度がある人間を置く、もしくは告知などの工夫をする時間も必要となるでしょう!

ライブコマースに向けて!LAVALで配信を行おう!

ライブコマースとは?ライブ配信と同時に物を売る?

今後、ライバーが商品を売る時代が来るかもしれません!その時の為に今からライブ配信に参入をしておきましょう!

特にPRや商品説明が得意なイベントコンパニオン、原稿丸暗記できるようなプレゼンテーションが得意なナレーター、MCに実演販売者の方々は今からでも世の中にその存在をアピールしておきましょう!

LAVALはいつでも大歓迎です!

ご応募はこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました