動画配信「ライバー」の収入市場規模が4年後に7倍?ライバーインフルエンサー誕生なる?

動画配信「ライバー」の収入市場規模が4年後に7倍?ライバーインフルエンサー誕生なる? ビジネス

コロナ禍で増えたと言われているのが動画を生配信する「ライバー」の存在です。

2020年現在140億円と言われているオンラインライブ市場が、24年には7倍近い984億円になるとも言われてます。

いずれライバーがインフルエンサーとして商品の魅力を訴えて企業が収益の一部をライバーに還元するビジネスモデルができるとも言われています。

今回はライバーが市場に与える影響について、今後ライバーインフルエンサーは出てくるのか?ということについて解説していきます。

動画配信とは?次世代のインフルエンサーとも言われているライバーの存在

 昨年あたりからYouTubeに参入する芸能人が増えているが、コロナ禍で急増したのが動画を生配信する「ライバー」だ。140億円だった2020年のオンラインライブ市場が、24年には7倍近い984億円に達するという予測もある(CyberZ、OEN、デジタルインファクトの共同実施調査)。

引用元:動画生配信「ライバー」気になる稼ぎ 市場は4年後に7倍へ

5Gの後押しを受けて、更なる巨大市場化が予想をされる「ライブ配信」は昨今急激に存在感を高めているコンテンツです。

どこでも気軽に行うことができ、稼ぎやすいとも言われており、YouTuberに代わる次世代インフルエンサーを創出することが期待されているプラットフォームとも言われています。

今後更に加速するとも言われているこの巨大市場、次世代のインフルエンサーとして「ライバー」を育成する企業も出てきています。

インフルエンサーライバーとしてこれから広がる可能性は?

ネット社会であるからこそ、ライバーが影響力・拡散力を持つことで、SNSでのPR案件やTV出演など、活動の幅が無限に広がる時代です。

普段からライブ配信を活躍の場としているライバーは動画に強いので、ライブコマースの仕事を得ることもあります。

このライブコマースというのは動画を通して商品を紹介して視聴者に交流を促すというPR方法です。

ファッションやコスメ、飲食など専門分野があると企業やブランドから使ってもらいやすいのでおすすめです。

インフルエンサーライバーの今後の市場参入の可能性は?

このように盛り上がりを見せるライブ配信市場では、プラットフォーム・マネジメントプロダクション共に今後ますますの乱立が予想されます。ユーチューブ、インスタグラムのように、業界の覇者が現時点では不在の状況であるライブ配信市場では、一般的に「プラットフォーム名+er」といった名前で呼ばれずにあくまで「ライバー」という総称で呼ばれていることが何よりの証拠です。

ライブ配信市場はまだまだ先読みができない市場なので、どの市場にとっても伸び代の多い市場と言われています。

インフルエンサーの固定ファンを作り稼ぐライブ配信

現在インフルエンサーマーケティングと呼ばれているものにはYoutuberInstagramを活用したものが多いというのが現状です。

インフルエンサーマーケティングによるライブ配信といったものはどのような立ち位置になるかと言うと、現状は様々なSNSに付随するもので、いいねやクリックやシェアなどを上げるツールと言われており、ライブ配信のみで有名になる人というのももちろんいますが、YoutubeやInstgramを活用し、ライブ配信もするというインフルエンサーもいます。

ライブ配信はそのインフルエンサーのファン獲得の手段として効果があります。

他のプラットフォームと比較するならば、ライブ配信はユーザーとの距離が近いため生活の一部に溶け込みやすいというのが特徴です。

ユーザー側から見ると、いつも投稿を見ているだけのインフルエンサーがライブ配信では自分に対して反応を返してくれるということがファン度がより上がっていきます。

時間を決めるとユーザーはその時間に集まってきてライブ配信をみるということが習慣化されていき、コミュニケーションの機会もどんどん増えてきています。

ライブ配信はインフルエンサーの育成やインフルエンサーマーケティングに使用されるという性質があり、まだ、ライブ配信そのものでマーケティングをしていくこと、ライブコマースで物を売るということはまだ本格的ではありません。

このインフルエンサーに固定ファンがついている場合にはライブコマースとライブ配信により商品をPRすることによって直接的な購買に繋げることもできるでしょう。

ライブ配信のプラットフォームで人気が出るならば、ライブコマースで実績を上げるライバーが誕生するということです。

ライバーインフルエンサーの特徴は?

ライブコマースで商品を購入するユーザーは2通りあります。

・扱う商品やブランドのファン
・商品を紹介するインフルエンサーのファン

ブランドファンに訴求するためには「固定ファンが多いライバー」より「販売するのが上手い」ライバーが効果的だということです。

ターゲットによりプラットフォームを起用するインフルエンサーや商品の企画を変えていくということが重要になってきます。

どのような商品をPRしても購入してくれるファンを持つ」ということがライブコマースでの活躍の鍵となります。

リスナーに「応援してもらえるようなインフルエンサーになる」ということ

動画配信「ライバー」の収入市場規模が4年後に7倍?ライバーインフルエンサー誕生なる?

ライバー事務所LAVALでそのようなライバーを目指しませんか?

人気のあるライバーになるということはもちろんのこと、ライバーのやりたいことや夢を応援していきたいと思います。

ご応募お待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました