イベント業界のナレーター、MCの存在はオンラインイベントの助けになる!

イベント業界のナレーター、MCの存在はオンラインイベントの助けになる! イベント

イベント業界のお仕事に「ナレーター・MC」というお仕事があります。

マイクを使い原稿を覚え展示会場で製品紹介を行うのがナレーターであり、一方イベントのステージ上などで司会進行を行うのがMCと言われています。

現在様々な場所でイベントがオンラインに移行しています。

その際に助けになるのがイベントナレーターさんやMCさんの存在です。

今回はこのイベント業界のナレーターさんやMCさんがどのようなお仕事をしているかをご紹介していきたいと思います。

イベントナレーターとはどんな仕事内容なの?

各種イベント会場や展示会場でマイクを使用し製品やサービスを紹介するお仕事です。

正しい発音、聞き取りやすい話し方、言葉づかいであったり、専門的なスキルや知識も必要になってきます。

その為、レッスンなどに通いナレーション技術や知識を身に着けていることが求められてきます。

そして、製品に対する質問などがくる場合もあるので、事前に紹介する製品知識に関しては学んでおきましょう。

ナレータにはあらかじめ原稿に目を通し、暗記をして本番のナレーションを行うことが殆どです。

この事前準備の大変さにはかなりのものがあります。

本番で暗記した内容を間違えることなく正確にナレーションしなければならないからです。

その為プレッシャーもありますが、完璧に仕事をやり終え、企業の伝えたいことを自分のナレーションでしっかりと来場された多くの方に伝わったと感じられる瞬間の感動は他の仕事では味わえないものとなります。

何よりもやりがいを感じるお仕事となるでしょう。

イベントMCのお仕事について

イベントの目的にあったスピードやトーンで司会進行を行うことです。

セリフのように書いてあるシナリオであったり、メモや要点を書いたタイムテーブルのような進行表しかない場合もあります。

例えば学会や式典等の場合には原稿が用意されている場合もあります。

いずれにせよ、そのイベントの主役、ゲストの目的を察知してアドリブも交えて進行するのがプロのMCの役割です。

仕事上の役割は、イベントの主役はMCではありませんので、声も通るということで、MCがいないとイベント自体進行しないので、注目が集まりますが、目立ちすぎるのも良くありません。

役割は縁の下の力持ち的な役割を果たします。

そして、主催者、ゲストなど様々な方と会話をするお仕事になりますので、コミュニケーションがしっかりと取れる人が向いています。

そして「場の空気が読める人」一度イベントのステージに立つとその空間は自分が責任を持って対応をする必要があります。

そして時には時間が押したり、逆に余ってしまったりとスケジュール通りにいかないこともあります。

その時に「機転の利く人」でないとイベント自体が失敗してしまうこともあります。

機転を利かせてイベントを進行できるのがMCと言えます。イベントが成功した際にはやりがいを感じることができるお仕事でしょう。

何故イベントナレーター・MCがオンラインイベントに向いているのか?

まずは「場数を踏んでいる」という事が挙げられます。イベントという性質上、ありとあらゆるジャンルのイベント現場を経験しているので、急な事にもすぐ対応をすることができます。

例えば、ライブコマースというインターネットのテレビショッピングのようなものを導入する企業が増えていますが、そういった場合は商品の魅力を短時間で覚えてPRするスキルが求められています。

現在はインフルエンサーの方にお仕事が行っている状態のようですが、インフルエンサーの方が全ての商品の知識に精通しているとは限りません。

また、配信中はトラブルア発生することも多く、そのような時に機転を利かせるスキル、後は、どのようなことがあっても動揺しないメンタルの強さに加え、会場全体の事を把握して落ち着いて喋れるMCやナレーターは今後オンラインイベントにとって力強い存在となるでしょう。

ただ、ライブ配信でのイベントはリスナーも絡んで進行することがあるというような少し特殊な環境である為、リアルイベントとは違う環境となりますので、最初は戸惑うかと思われます。

その時の為に、今からライブ配信の世界に参入しておきましょう。

ライバー事務所LAVALに相談!

オンラインイベントを盛り上げていきましょう!

イベント業界のナレーター、MCの存在はオンラインイベントの助けになる!

さて、いかがでしたでしょうか?暫くはイベント自粛が続くと言われています。

オンラインイベントを検討している企業の方も、イベント成功の為に、イベントMCやナレーターの採用を検討してみると良いでしょう。

そして、まだオンラインに慣れていないイベントMCやナレーターの方がいらっしゃれば、今からオンライン業界であるライブ配信で間隔を掴むことをおすすめします。ご自身をアピールする為是非お役立てください。

少しでも興味がありましたらまずはライバー事務所LAVALのホームページからご相談だけでも結構です。

お待ちしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました