音は大切!ライブ配信におすすめ!スマホから繋げられる配信機器のご紹介!

音は大切!ライブ配信におすすめ!スマホから繋げられる配信機器のご紹介! 配信機器

ライブ配信において「」がとても大切な役割を果たしているということはご存じでしょうか?

音質を良くするのに機材の用意は欠かせません。

もし、「歌配信」をしたいという方や「BGMをかけたい」「エコーなどのエフェクトをかけたい」という方がいらっしゃれば、配信機材は揃えた方が良いでしょう!

今回はそんなスマホに繋げられる「配信機材」について、ご紹介していきたいと思います。

配信機材で配信の質がグッと上がる

機材を揃えるとライブ配信の質もグッと上がります!

そして、プロ感が出て自分自身のテンションも上がるでしょう。

配信の質が上がると、それが集客効果へと続いてゆき、ファンも増えることに繋がります。

音は重要です。

できれば、良い配信機材を揃えるようにしましょう。

最近はスマホに繋げられる配信機材もあります。

スマホに繋げられる配信機材について

さて、まずはライブ配信アプリが入った機器に2つ差込口のあるアダプタを繋いで、ひとつには充電ケーブル、もうひとつにはミキサーへのUSBケーブルを繋ぎましょう。

次にミキサーにマイクケーブルを差して、マイクを繋ぎ、オーディオケーブルに差してBGMを流す機器を繋いで、最後にミキサー本体の電源アダプタをコンセントに差して完成です。

オーディオ機器

こちらはパソコンでもipadでもウォークマンでも何でも良いかと思われます。

スマホを使って音楽を流しても良いでしょう。

オーディオケーブル

これは両端がイヤホンジャックに刺さるような形状のケーブルとなります。

片端をオーディオ機器に差し込んでミキサーに繋ぎます。

そして、音楽を流しながらオーディオ機器も充電したいという場合には二股ケーブルというものもありますので、一緒に使ってみましょう。

ヘッドホン

こだわりがなければ自分のお気に入りのものを使いましょう。

ヘッドホンでなくとも普通のイヤホンでも大丈夫です。

マイク

はっきり言ってしまうと「歌配信」をやらない限りマイクに関してはそこまで良いものを使う必要はありません。

音質にこだわりがないのであれば、Amazonなどで安価なマイクがたくさんあるのでそちらをご覧ください。

マイクケーブル

マイクをミキサーに繋げるためのケーブルになります。

ミキサー:YAMAHA AG06

マイクやBGMを流す機器を、ライブ配信に使うスマホに出力させるのが、このミキサーになります。

YAMAHAのAGシリーズはライバーのなかで最もスタンダードなミキサーとなっています。

2人で配信を行いたい場合には入力端子が2つのものを選びましょう.。

ミキサーに関しては「とりあえずBGMが流せれば良い」のであれば、適当で大丈夫です。

一台でエフェクトもかけたい」という人はYAMAHAかTASCAM一択になります。

ミキサー用電源ケーブル

YAMAHAの場合はパソコンにつなぐ場合にはパソコンから電力を取ってくれる「バスパワー」仕様になりますが、iphone/ipadからは取れないので、別途きちんと電源をつなぐ必要があります。

もともとACアダプターが付属していればスキップで大丈夫です。

USBカメラアダプター

こちらは大変大事ですが、ミキサーを繋ぐ「USBケーブル」を刺すためにはこちらのアダプタが必須となっています。

そしてこちらをしようすることで同時に充電をするということも可能となります。

ライブ配信はとにかくバッテリーを消耗するので、必ず充電をしながらやるようにしてください。

ライブ配信で生音を聴かせたいならマイク

歌配信ですと、細かいニュアンスが伝わるコンデンサーマイクより全体の迫力がざっくり取れるダイナミックマイクの方が適していると言われていますが、ご自身にあったマイクを探すようにすると良いでしょう。

スマホに繋げられる機材を使わない人もいる

トップライバーの方でも機材を使っていない方は沢山います。

ライブ配信はスマホ1台でサクッとできるというのが魅力になっています。

通信システムとマイクカメラが標準装備されていて、配線も電源コードくらいで済みますのでスペースをとりません。

しばらく配信してみて、「なんだか物足りないなぁ」と感じたら導入してみましょう!

音にこだわってファンを増やしましょう!

さて、いかがでしたでしょうか?

配信の音にこだわることで、クオリティ高い配信ができるようになります

最近はスマホに繋げられる配信機器も沢山出ていますので是非チェックするようにしてみてください。

ライバー事務所LAVALでは、専用の配信ルームもご用意しておりますので、是非ライブ配信にご興味ある方は一度ホームページをご覧いただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました