モデルになるにはどうしたらいいの?ライブ配信でデビューチャンス?

モデルになるにはどうしたらいいの?ライブ配信でモデルチャンス? ライバー

モデルの仕事は誰もが憧れる職業だと思われます。

流行の服を着て雑誌の表紙を飾るモデルであったり、外国のランウェイで颯爽と歩くモデルであったり、モデルになる為にはどのようなルートをたどればよいのでしょうか?

今回はモデルになる為にやることをご紹介します。

モデルになる為にはどうしたらいいの?

モデルになる為にはいくつかのルートがあります。それぞれの適性や好みに合わせて選ぶのが良いでしょう。

スカウト

誰もがテレビなどで「原宿」を歩いていたら声をかけられてとデビューのきっかけを語る芸能人を観たことがあるのではないでしょうか?

実際にスカウトを通じてモデルになる方も多いです。

おしゃれで有名な街をショッピングを兼ねて散策してみるとスカウトされるのかもしれません。

雑誌のオーディション

ファッション雑誌によって不定期にオーディションを開催したりします。

例えば専属モデルのオーディションでは、その雑誌のモデルを専属で務めることができます。

またモデルグランプリでは受賞することでデビューへのきっかけを掴むこともできます。

モデル事務所への所属

事務所の所属モデルになると読者モデルなどフリーランスのモデルより、仕事を貰える確率がかなり上がります。

モデルの仕事に専念するのならばモデル事務所でゆくゆくタレント活動もしたいと考えているならばタレント活動もしたいと考えているならタレント事務所などの好みに応じて応募先を考えてみましょう。

モデルに為には何が必要になってくるか?

モデルは雑誌や企業の顔となるので顔が重要になってくることは間違いありません。

ですが、それだけではなく、「身長」「体型」「キャラクター」「スキル」などの様々な要素も加味されます。

モデルになりたいと思った瞬間に「でも自分は決して美人ではない」と最初からあきらめていたりする方もいるのかもしれませんが、モデルの方の中には典型的な「美人顔」の方もいますが、それ以外にもエキゾチックな顔立ちであったり、純アジア人的な顔立ちや目鼻立ちがそれほどくっきりしているわけでもない方など、タイプは色々あります。

どちらかというとインパクトのある顔の方が好まれる傾向にあるということでしょう。

身長

モデルと言えば、すらりとした高身長が特徴的でしょう。

実際モデルになるには身長170cm以上が基本と言われていますが、雑誌モデルの場合は165㎝くらいの方も沢山います。

身長は希望したからと言って思うように伸ばせるものではありませんし、身長が低い方はSサイズ服の読者モデルなど身長にあった需要を探してみるのもキッカケ作りになると思います。

体型

どのような服でも着こなせるよう、モデルの体型は「スリム」に限定されているものが多いですが、体型に自信がなくても、諦めるのはまだ早いです。

最近ではふくよかな体型の方向けの雑誌も流通していますし、Lサイズなどの大きめの服のモデルも需要があります。

モデルとして大切なのは「細いか太いか」ではなく、全体のバランスです。O脚やX脚などの体型に変な癖がついていたら、骨盤矯正などのトレーニングを行って改善していくのが良いでしょう。

スキル

モデルはお客さんに服などの「商品」をアピールする仕事です。

きれいなモデルが載っているとどうしても写真集の感覚でみてしまいます。

しかし、モデルとして求められる事というのは「いかにその商品の魅力を1枚の写真だけで伝えられるか」ということです。

モデルがアピールするのは商品だからです。

モデルとしてお仕事をしていくのんらば服のコンセプトを自分なりに理解して服のアピールポイントを最大限に出せるような写真写りを工夫しなければなりません。

ライブ配信アプリのイベントで雑誌出演権などがある

ライブ配信アプリのイベントではよく雑誌の誌面出演権をかけたイベントが開催されています。

ライバーになることでモデルデビューという道も可能となっていきています。

モデルを目指している方はライバーになってそのようなイベントにチャレンジをしてみるのもひとつの方法です。

ライバーになってモデルになるチャンスを掴もう!

イベント業界の人材を長年マネジメントしてきた会社であるライバー事務所のLAVALでは、ライブ配信以外でもイベント出演やメディア出演などのお仕事のチャンスがあります。

もしモデルを目指している方はまずはライバーのお仕事から初めて見るのはいかがでしょうか?

ご興味がある方はまずはホームページをご覧いただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました