路上で歌えない?!ストリートミュージシャン 必見!ライブ配信でファンを掴もう!

路上で歌えない?!ストリートミュージシャン 必見!ライブ配信でファンを掴もう! ライバー

路上で演奏をするストリートミュージシャンですが、このコロナ禍で、人を集めることが出来ないため、苦境に陥っているミュージシャンの方もいます。

そんな時に助けになるのがライブ配信アプリの存在です。

今回はストリートミュージシャンにライブ配信をおすすめする理由をお答えしたいと思います。

まず、ストリートミュージシャンとは?

路上でライブを行うこと、歩道や公園などの屋外で音楽を演奏することです。

ストリートライブの演奏者をストリートミュージシャンと呼び、歌唱を行う人をストリートシンガーとも呼びます。

そして、そのストリートミュージシャンになるためには、基本的に学歴や資格などのキャリアは必要ありません。

希望をすれば誰でもストリートミュージシャンになることができます。

もちろん路上でライブを行うまでに練習は必要にはなってきますが、実力不足ですと、路上ライブを行ったとしても望んだどおりの結果が出ないこともあります。

ストリートミュージシャンに必要な機材

ストリートミュージシャンに必要な機材ですがどのような機材が必要なのでしょうか?

主に「マイク」「キーボード」「アンプ」などの3つが必要になってきます。

それぞれ種類が沢山ありますが、選ぶポイントとしては持ち運びのことを考えてコンパクトなものを選択することです。

ファンとつながるストリートミュージシャンがコロナの影響でどうなった?

コロナ禍以前は路上はアマチュアアーティストにとって重要な場所でした。

というのも、2000年以降はSNSの利用が広がっていて多くのアマチュア歌手の方がYouTubeやInstagramに自分が演奏をする姿をアップロードし始めました。

そんなネット時代だからこそ、若者がリアルに集まる場の価値が高まりました。

コロナ禍によりオンラインコンサートの開催が増えてきています。

路上でのライブが難しくてもこのように、オンラインでライブ配信を行うことで、新規ファンを獲得したり、ファンの繋がりを持つことができます。

ライブ配信はミュージシャンの方にとってとても良いツール

ライブ配信は海外の方にも見てもらえるメリットもあり、ミュージシャンの活動をするにも、ライブ配信を同時行うというスタイルは主流になってくるのかもしれません。

特に今はコロナの問題があるので、このように、ソーシャルディスタンスを確保した新しい生活様式に沿った活動を活動を続けていきましょう!

そして楽器を弾く人は機材を持ち歩くのも大変です。

そういう点でもライブ配信にはミュージシャンにとって良いツールとなることでしょう。

ライブ配信と路上ライブは似ている

ライブ配信は路上ライブにとてもよく似ています。

不特定多数の方の人どれだけの人に立ち止まって聞いてもらえるかという力試しをすることが可能です。

違いとしては「お互い外に出る必要がないということ」「視聴者さんの顔がこちらから見えないこと」となります。

ライブ配信は投げ銭機能がある

ライブ配信には「投げ銭機能」として、アイテムを送ってもらうことでそれが収入となります。

路上では立ち止まったり、投げ銭を入れるということを躊躇する人もいますが、アプリではスマホの画面をタップするだけで反応し、手軽にアイテムを送ることも可能です。

視聴者とライバーの距離がより近いことを意味しており、SNSでチャットをする感覚でリアルタイムでコメントを使ってやりとりができます。

特にミュージシャンの方はその場で演奏や歌の感想をリスナーに聞くことができたり、リクエスト曲をもらってすぐに歌うことができます。

そして気に入ったライバーをフォローすることができて、配信通知を受けることができて、毎回ライブに足を運んでもらうことも可能になります。

様々な世代の方がいるので、今まで聞いたことがないような音楽に出会えることもしばしばあります。

毎回配信を行うことで見てくれるリスナーさんがどんどん増えていくのはとても嬉しいことでしょう。

ライブ配信で演奏をしませんか?

コロナ禍で路上ライブができなくて困っているミュージシャンの方はいませんか?

ライブ配信であれば、沢山の方に配信を聞いてもらうことが可能です。

事務所一同精一杯サポートさせていただきたいと思いますので、もし、少しでも興味があれば是非一度ホームページにお越しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました