自宅カラオケブーム?ライブ配信のカラオケ機能で歌って人気者を目指せ!

自宅カラオケブーム?ライブ配信のカラオケ機能で歌って人気者を目指せ! ライバー

コロナで在宅なことが多くなり、カラオケに出かけることも出来なくなって困っている方もいるのではないでしょうか?

そんな時配信アプリの存在です。配信アプリにはカラオケ機能がついているものがあります。今回は配信アプリのカラオケ機能についてご紹介します。

配信アプリでカラオケ機能付きのものがある?

最近のライブ配信アプリは「カラオケ機能」がついているのもあります。

やはり、ライブ配信でカラオケをする場合カラオケ機能付きの方が音源もよく、歌詞なども出るので、非常にスムーズにライブ配信を楽しむことができます。

カラオケ配信の最大の特徴として、トークが苦手であってもライブ配信を行うことができることです。

これで、トークが苦手な人や人見知り、輪を広げるのが苦手というような方でもカラオケが得意で声に特徴があるといった武器があれば、ライブ配信を行うことができます。

そして、カラオケ配信することにより、リスナーの方と好きな曲で自然に会話を盛り上げていくことも可能です。

カラオケ配信を行うときに注意をすることは?

配信アプリでカラオケをするときには通信カラオケ機器から流れる音源を使い楽曲を歌うところをライブ配信することは許諾がないまま放送してはいけません。

つまり、許諾がないカラオケ配信は「通信カラオケ機器から流れる音源がライブ配信を通じて流れてしまう」ことで、その音源を作ったレコード製作者の方が持っている権利を侵害してしまうからとなります。

ライブ配信で音楽を流す時には権利を侵害せぬように様々なことをクリアしないといけなくて、それは複雑で難しいことなのです。

そうした権利を侵害しないようにしなければならないということを知らずにたびたび権利を侵害してしまっているライブ配信をみかけます。

こうした権利侵害は原盤権という権利を持つ会社が訴えを起こさなければならないので、事実上はカラオケ配信は黙認という形になっており、ニュースになるような大きな問題になることはまだ少ないままでしょう。

ですが、このように黙認された状況をライブ配信のプラットフォームにもそのままにしておくことができませんので、そして、カラオケ音源を使う利用者たちが複雑な権利を意識せずとも安心でカラオケ音源を流せるようになります。

カラオケ機能をライブ配信のプラットフォーム機能として備えるようになったのは、こうしたことを踏まえているからです。

歌わずにBGMとして使う方法もあり

配信者が権利を侵害してしまわないよう守るために17Liveなどではガイドラインで通信カラオケ機器から流れる音源を利用したカラオケ配信を禁止と明記することで対応をしてきました。

今回のような「カラオケ機能」という公式な機能で配信者に利用してもらえる仕組みを設けて、自分のコンテンツでライブ配信をして披露できるようになる流れも生まれています。

プラットフォームが機能としてカラオケ機能がついていることにより、これまで黙認されていた権利侵害の状況を健全にし、カラオケができるようになります。

そして、わざわざカラオケボックスへ行かなくても、おうちで手軽にカラオケ配信ができるのは魅力になっています。ちなみにカラオケ配信は必ずしも歌う必要はありません。

例えば、ライブ配信をするとき自分のスマホに入れているお気に入りの曲をBGM代わりに流す人もいます。このカラオケ機能を使い「カラオケ音源をBGM代わりに使う」ということにも使えます。

ライブ配信で音楽を流すということは様々なことをクリアされたものだけができる特別なことです。そして、どうすれば、権利を侵害せずに楽しくライブ配信をすることができるのかを改めて知っておきましょう。

ライブ配信でカラオケをしませんか?

さて、いかがでしたでしょうか?

ライブ配信ならば、自宅でカラオケができ、更に、それを周りの人に見てもらうことが可能です。

そして、それを収益にすることも可能です。

ライバー事務所LAVALならひとりひとり丁寧なサポートをおこなっておりますので、是非とも一度ホームページをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました