絵を描くのが好きな人!ライブ配信でお絵描き配信をしよう!

絵を描くのが好きな人!ライブ配信でお絵描き配信をしよう! ライバー

ライブ配信サービスには様々な種類がありますが、ライブ配信と言えば、ゲーム配信や雑談配信などが主流と考える方が多いかと思われます。

実はお絵描き配信もとても人気が高いのです。今回はお絵描き配信についてご紹介していきたいと思います。

お絵描き配信が人気?

様々な種類があるライブ配信でお絵描き配信をしている人を見たことはないでしょうか?

もし自分でもお絵描き配信ができたら他の絵描きさんとの交流ができ、楽しめるのではないでしょうか?

お絵描きをされているライバーさんの中ではどのような配信をされているかというと、基本はお絵描きですが、絵を描きながらコメントを返したりしています。

お絵描き配信に必要な機材は?

お絵描き配信にはペン入力するためのペンタブレットが必須です。

そして、コメントと配信ソフトウエアを表示するサブディスプレイも用意しておくと便利でしょう。

YouTubeライブは配信者コメントがひと目で分かるようなデザインになっているので、マイクは必須ではありませんが、毎回手を止めてコメント返しをしなければなりません。

マイクはUSB接続するものとオーディオインターフェースを介して接続するコンデンサーマイクなどがありますので、必要に応じて機材を用意する必要があります。

必要な機材は

・ディスプレイ
・ペンタブレット
・パソコン
・マイク
・オーディオインターフェース
・ネット回線に接続するための機材
・WEBカメラ

イラスト配信におすすめのアプリ

お絵描き配信をするならば、「Pixivスケッチ」を一番お勧めします。

アプリは無料です。

スマホやタブレットでも生配信が可能です。

イラスト投稿サイトのPixivと連動しており、Pixivアカウントを持っていれば誰でも利用することが可能です。

イラスト投稿サイトのPixivと同じようにpixivSkechで描いたイラストは作品として投稿することが可能です。

Twitterと連動することもできますし、自分の絵をSNSで公開することもできます。

そしてほかのユーザーとコミュニケーションを取ることも可能ですので、多くの絵描きに利用されているサービスになります。

アナログイラストを描きながらの配信も?

iphoneの固定スタンドを用意しましょう。それはクリップアームです。

スマホを挟んで上から撮影します。

非常に安価で売っています。

これでアナログで描いたイラストの配信を行うことができます。

撮影するときのポイントとしてはスマホをしっかりと固定させましょう!

位置を安定させて撮影した方が綺麗で見やすい動画になるでしょう。

手で持って撮影すると手ブレで映像にばらつきが出てしまいます。

三脚を使ってしっかりと固定して撮影しましょう。

100均のスマホ用の三脚でも十分に綺麗に撮影することも可能です。

ちなみに本当に手元だけを映せれば良いという方はガムテープなどにスマホを差し込んで撮影するのが一番簡単です。

細かい角度調整をしたい場合、手元全体を俯瞰で撮影したいときには俯瞰撮影専用の三脚を購入しましょう。

そして、スマホの充電を十分にしておくことが必要です。

デジタルやアナログでもイラストメイキング撮影は長時間になる場合が殆どです。

撮影中にスマホの充電がなくなってしまったら、配信も途中で終わってしまいます。

そうならないためにも充電は撮影の前には満タンに充電しておきましょう。

お絵描き配信はどんな方がやっているの?

さて、お絵描き配信はどのような方がやっているのでしょうか?

主に漫画家やイラストレーターの方が配信を行っています。

ちなみにイラストレーターの方だとVtuberとして配信を行う方もいます。

Vtuberは現在大変人気のあるコンテンツです。

上手く使うことが出来ればイラストレーター活動にも恩恵を得ることができます。

ちなみにVtuberというのはバーチャルYouTuberの略です。

YouTuberは様々な動画やライブ配信をして宣伝やチャンネル収益を得たりする人の事です。

彼らは基本的に動画やライブ配信だと自分自身を撮影して生身で登場しますが、Vtuberは生身ではないアバターを使用して動画やライブ配信を行う人たちのことです。

VtuberはYouTuberとは違い素性が分かりにくいという点があります。

アバターを使うことにより動画やライブなどで自分自身の顔を知られることがありません。

今すぐライブ配信でお絵描き配信をしよう

さて、いかがでしたか?

イラストを描くのが好きな方は是非一度、配信で絵を描いてみませんか?

ライバー事務所LAVALではイラストレーターさんや漫画家の方を募集しています。

是非沢山の人にご自身の絵をアピールしていただければと思います。

イラストライバーについてご興味がありましたら、一度ホームページをご覧いただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました