ライバーとリスナーの距離感とは?心理や悩みなど

ライバーとリスナーの距離感とは?心理や悩みなど ライバー

配信をやっていてライバーの方が思うことと言えば「リスナーとの距離感」ではないでしょうか?

今回はライバーがリスナーとの距離感をどのように掴んでいったらいいかをご紹介していきます。

ライバーとリスナーとの距離感について

ライバーをやっていると毎日のようにリスナーの方や知らない方からDMが来るようになります。

中には仕事のDMの場合がありますが、中には「仲良くなってください」「LINE交換しない?」などとど直球のメッセージが来ることもあります。

ですが、DMは上手く利用すれば、リスナーさんとの距離を縮めることができるという非常に強力な武器になります。

まずリスナーのDMは返すべきかどうなのかについてなのですが、ライバーというのは「距離が近い」ということが強みになります。

親近感というのは大きな武器となります。

自分のキャラが身近であり親近感みたいな軸が使えるキャラであれば、DMを送っても良いでしょう。逆に手の届かないような高値の花をイメージしているキャラを作るのであればDMは返さない方がいいでしょう。

そのような高級感や憧れを武器にしたキャラの場合には簡単にDMで手が届いてしまうとイメージが崩れてしまいます。

ですので、自分を見つめなおして「DMを返しても良いキャラ」ということを今一度考えることが大切になるでしょう。

困った!リスナーとの距離感!こんな時はどうしたらいい?

ですが、全てのDMに返信をする必要はありません。

中にはストーカーのようなメッセージを繰り返ししてくる人であったり、長文で自分勝手にメッセージを送ってくるような人もいます。

そのような人に返信をするとトラブルに巻き込まれることがあるので注意しましょう。

そのような場合にはブロックをすると印象が良くないですし、恨みを持たれたりする可能性もありますので無視をするようにしましょう。

リスナーとの距離感配信中にDMを返してと言われたとき

もし配信中に「DMを返してほしい」と言われたときには一体どうすればいいのでしょうか?こういった方は粘着質であったり、ストーカーになるパターンが多いです。

配信中に「LINEを教えて」と言われたり、「DMを送るね」というような人はその時点でマナーが無い方なので距離を置くようにしましょう。

もしそこで嫌々と返信をしてしまった場合、粘着されて面倒くさいことになります。

そのような人とは距離を置いて自然に去ってもらった方が良さそうです。

ライバーの悩みとは?

ライバーを続けていくに従い多くのライバーが一度は陥る悩みがあります。

それは「リスナー達にこのような負担を強いていいのでしょうか?」というものになります。

特に初級から中級のライバーさんはガチイベに参加することもありますが、イベントにガチで参加をするのは当然プライズ等が魅力的であり、勝ちたいと思うから参加するわけです。

1位を狙う人や10位でバッジを取る人など人によって勝利の基準というものは違うと思いますが、そこを狙って配信時間を増やし、配信にもいろいろ工夫をしてと頑張っていきます。

ですが、日数が進んでいくにつれ上位との差に絶望。

多くのライバーは数千万円投げるようなギフターの方はつかないのでそこと大きな差をつけられるのです。

しかし、目標が達成できなかったとしてもリスナーたちは配信をするたびにギフトを投げてくれます。目標には届かないかもしれませんが、応援してくれる中でリスナーたちに負担をかけてしまうことを申し訳なく感じているライバーもいます。

真面目なライバーほど悩む方は多いです。

ライバーの悩みを克服

配信は基本無料ではあるものの、多くのリスナーは配信を見せてもらった対価としてギフトを投げているので、ライバーのために犠牲になったりということはありませんので、ライバーもそれを対価であると認識するようにしましょう。

もし、自分の配信に対する対価であると感じられない場合にはそれは自分自身に自信が無いからであると言えるでしょう。

もし、このような悩みに陥ったときには配信をよくする努力に力を注ぎましょう。

配信映えするメイクの研究であったり、衣装であったり、ミキサーの機材を良くすることです。まずはトップライバーさんの配信を見て研究するようにしましょう。

ライバーとリスナーの距離を考えながら配信を行っていきましょう!

さて、ライバーとリスナーの距離の取り方は分かりましたでしょうか?

フリーで配信を行っていると誰にも相談できずに悩むこともあるのではないでしょうか?

ライバー事務所LAVALならマネージャーが丁寧にサポートします。

ちょっとした悩みでも相談に乗ります

少しでも興味があればホームページをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました