ミュージシャンになる方法は?才能を活かそう!

ライバー

音楽で人を魅了する「ミュージシャン」という職業に憧れを持っている人は多いのではないでしょうか?

そんなミュージシャンになる方法はどうしたらいいのでしょうか?

今回は「ミュージシャンになるにはどうしたらいいか?」ということについてご紹介していきたいと思います。

どうしたらいい?ミュージシャンになる方法!

ミュージシャンというお仕事には決まった方法でなれるというお仕事ではありませんが、人によってはつい前日までアルバイトをしていたという人が急に人気音楽番組に出て歌ったりということがあり得ます。

そして、逆に何年もミュージシャンになろうと苦労をしていてもプロとしてデビュー出来ない人もいます。

こうしたら必ずプロのミュージシャンになれる」という方法はなくて、才能や時の運など様々な要素が絡み合ってミュージシャンとしてやっていけるかが決まっていきます。

ミュージシャンになるためには音楽の技術は不可欠である!

そして、ミュージシャンとして成功をするためには「音楽の技術」を磨くということは必要不可欠になってきます。演奏技術の高さはもちろんのこと、自分の音楽を表現するための表現力の高さも求められます。

ミュージシャンになるために資格はいらない

ミュージシャンになるためには特別な資格が必要かといわれると、何か特別な資格であったり、学歴であったり、経歴を必要とするということは基本的にはありません。

音楽大学や専門学校を卒業しミュージシャンになった人もいれば、普通の中学や高校を卒業してメジャーデビューを果たしたミュージシャンも存在します。

逆に言うと決まり切った入口というものがないので、どのようにして自分の音楽を人々に認めてもらうのかということを模索することが大切になってきます。

ミュージシャンになるための行動について

さて、ミュージシャンとしてデビューをするためにはどうしたら良いでしょうか?

オーディションを受けること

まずはオーディションに参加をするということです。

オーディションにはレコード会社であったり、音楽事務所や芸能プロダクションであったり、ミュージシャンのデビューに関わる様々な業界人が参加をしてプロのミュージシャンの卵を探しています。

優れた技術を披露するということができれば、そこから声をかけてもらうことも可能かもしれません。

レコード会社にデモテープを送ること

レコード会社などに自分の音楽を録音したデモテープを送付して聞いてもらうという積極的な行動です。

このような場所には毎日多くのデモテープが送られるので、自分のテープがいつ聞いてもらえるか分かりませんが根気強く送り続ければ可能性があるのかもしれません。

人脈に頼ること

ミュージシャンとして活動をしていれば、様々な場面で同業者の方や業界人との繋がりを持つことができます。

直接デビューに繋がる人脈ではなかったとしても、ミュージシャンとしての活動の場を提供してもらってそこから新しい人脈を構築してそこからデビューへと繋げていくという道筋もあります。

その為に、ミュージシャンとして成功をする為にはコネクションを構築するという能力も必要となっており、可能な限り幅広い人脈を構築し、デビューへの足掛かりとすることができるのです。

ミュージシャンになる為には時には運も必要!

ミュージシャンとして成功をする為には時には運も必要になってきます。

例えばライブハウスで演奏をしているときに観客に大手プロダクションの関係者の方がいてその繋がりから最終的にメジャーデビューの道のりもあるかもしれません。

いかに実力が伴うミュージシャンであっても、そのような運を掴むことができなければいつまでも大成することはできません。

ミュージシャンになる為の悩みとは?

さて、ミュージシャンになるためには時には様々な悩みにぶち当たることもあります。

まずはミュージシャンは大音量の中でお仕事をするために耳の障害を患ってしまうということは珍しくありません。

ミュージシャンにとって難聴は欠かせない要素になるため、場合によっては音楽活動を休止せざるを得ないということもあります。

次にボーカルで活動しているミュージシャンであれば、耳だけではなく、声の障害を患うということもあります。

発声に関する問題はボーカルとして致命的であり、それを原因としてミュージシャンの世界から去ってしまった人も珍しくありません。

あとは楽器を演奏するミュージシャンには「」や「」に障害を患ってしまうというケースもあります。

楽器の演奏において手指の動きは重要な要素であり、手指に障害を患ってしまうと思うように楽器を演奏することができなくなってしまいます。

楽器の演奏や歌に自信があるミュージシャンの方は配信で才能を生かそう

楽器の演奏に自信があったり、歌を歌うことが好きな方は是非、一度配信をしてみませんか?

ライブ配信をおこなうことで、沢山の人に歌や、楽器の演奏を聞いてもらうことが可能になります。

また、ライバーになれば、配信を行って歌を聞いてもらうことで、収入にもなりますし、デビューへのチャンスを掴むきっかけにもなるかもしれません。

ご興味がある方は是非ともライバー事務所LAVALのホームページをご覧いただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました