会社が副業を解禁?メリットはある?

会社が副業を解禁?メリットはある? 副業

近年では副業を解禁する会社も増えてきました。

これまで日本企業の多くは長らく副業を禁止していたのですが、近年では「働き方改革」もあり、大手企業を中心に「副業」を解禁する動きが起こっています。

今回は会社が副業を解禁するメリットについてなどご紹介します。

副業解禁の背景とは

従業員の副業を容認する企業や自社の副業解禁をアピールする企業が増えてきましたが、副業解禁の流れが生まれた大きな理由の一つに柔軟な働き方による労働生産性の向上を掲げた政府の「働き方改革」の方針にあります。

新たな技術の開発であったり、オープンイノベーションや企業の手段、そして第二の人生の準備として有効なため副業や兼業が推奨されていました。

これによって企業は副業・兼業を禁止する場合には合理的な理由やルールを明記するということが必要となりました。

中小企業は副業解禁は進んでいない

副業解禁の多くが大企業です。

大企業が副業を容認している一方で、中小企業は従業員の労働時間管理や自社業務への影響などを理由に副業解禁が進んでいません。

副業解禁のメリットやデメリットについて

さて、こちらでは副業解禁のメリットとデメリットについてお話しします。

メリット

社内では得られないような知識・スキルを習得できたり、社外から得た知識を事業拡大に活用できたり、転職するなどの人材の流出を防止できることです。

まず、中小企業であるならば、大企業の研修制度であったり、最先端の知識やスキルを自社の社員が学びます。

それだけで大きなメリットにもなりますし、新たな知識は会社への利益になるだけでなく、既存社員への刺激になります。

現在は人材確保が難しいので優秀な人材の流出は阻止したいところです。

副業を解禁することで、社員が興味のあることを転職せずとも学ぶことができます。

デメリットについて

デメリットについてですが「情報漏えい」のリスクがあったり、「社員の労働時間が増え、本業へ支障をきたす可能性がある」ということ。

副業が成功した場合に退職や独立に繋がるリスクがあります。」副業を受け入れる企業が大切にしていることはどのような人材が一体どれくらいたりていないかということをしっかりと把握をすることです。

会社が副業解禁したらやりたいおすすめの副業の種類

それでは会社が副業を解禁したらやりたいと人気の副業についてご紹介します。

ネットショップ 

個人でインターネット上にショップを開設できる時代であり、オリジナルグッズであったり、手作りのアイテムが販売できる上に月額使用料がなかったり、販売手数料も低かったりと手軽に収入を得やすい副業の1つです。

ブログアフィリエイト・有料記事

記事コンテンツを発信して稼ぐ副業もあります。

例えばアフィリエイト自身のブログに広告を掲載し、これを通じて製品やサービスの購入や契約に至った場合に収入が得られるというものです。

クラウドソーシング

企業がインターネットで個人に業務を発注できるクラウドソーシングというシステムはライティングやデザイン、システム開発、更にはコンサルティングであったりと実に幅広い仕事が取り扱われています。

中には未経験からもチャレンジできる仕事もあったりと副業に活用をする人は少なくはありません。

クラウドソーシングには「クラウドワークス」「ランサーズ」が挙げられます。

動画・ライブ配信・オンライン授業

動画コンテンツを用いて収入を得るという方法もあります。

録画済みの動画を視聴してもらったり、リアルタイムの中継で動画をライブ配信したり、もし何か専門知識や技術を持っているのならば、それらを動画コンテンツとして配信をすることで収入に繋がります。

例えばYouTubeですと、動画を用いた副業にはいくつかの種類がありますが、もっとイメージをしやすいのは「YouTube」になります。

年齢制限やチャンネル登録数、再生時間など一定の条件を満たしてパートナープログラムに申し込みが承認されれば動画再生数に応じて収益を受け取れます。

ライブ配信アプリ

またリアルタイムでのライブ配信で稼ぐのであれば17イチナナやポコチャなどがおすすめです。

動画配信を行う人はリスナーから送られるギフトポイントに応じて分配金が得られます。

会社の副業が解禁になったのであれば、ライブ配信で副業しませんか?

会社の副業が解禁になったことで、気軽に副業が可能となりました。

もしご自身に得意な事や趣味などがあるのならば、ライブ配信でそれを披露することで収入になります。

是非楽しみながら稼いでみませんか?

ライバー事務所LAVALは初心者の方であっても丁寧にサポートして参りますので、もし少しでもご興味があれば、LINEで相談もしくはホームページをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました