音楽配信をするならライブ配信がおすすめ?

音楽配信をするならライブ配信がおすすめ? ライバー

新型コロナウイルスによって音楽業界やイベント業界はかなり大きな打撃を受けてしまいました。

このような時だからこそ、音楽に癒されたい方も多いはずです。

このような状況のなかで急速に発展をしたのが「オンラインライブ」ですが、ライブ配信が何故音楽配信におすすめなのでしょうか?

今回は音楽配信をするならライブ配信がおすすめな理由をお伝えします。

サブスクリプション型の音楽配信サービスが人気?

インターネットを介し楽曲のデータを配信することを音楽配信サービスと言いますが、ユーザーは自由に好みの音楽を聴いたり、スマホやパソコンにダウンロードをして再生出来るのが特徴です。

音楽配信サービスの種類は「サブスクリプション音楽配信サービス」や「ダウンロード音楽サービス」というのがあり、それぞれ特徴が異なります。

サブスクリプション型の音楽配信サービスって何?

最近注目を集めている「サブスクリプション音楽配信サービス」というものですが、似たようなサービスを既にあちこちで聞いたことがありませんか?

音楽配信サブスクリプションサービスというのは、月額定額制の音楽配信サービスの事となります。

別名ストリーミング配信サービスとも呼ばれています。

これは、ストリーミング再生とダウンロード再生が可能です。

インターネットに接続し、直接音楽を再生するためにスマホの端末内に楽曲のデータが残らないというものです。

そして、インターネットに接続をしなければ、音楽が聴けないということからWi-fi環境がない場所で利用すると通信料がかかってしまうので注意が必要となってきます。

これに対してダウンロード再生はスマートフォンの端末に楽曲を保存する方法でオフラインであっても音楽を楽しむことができます。

しかし、楽曲を保存するために空き容量を確保しておく必要があります。

Wi-Fi環境がある場所であったらストリーミング再生、通信環境が悪い場所等ではダウンロード再生を利用しオフラインで音楽を楽しんだりと上手く使い分けると良いでしょう。

ライブ配信も主流

サブスクリプション型の音楽配信サービスが主流な中、アマチュアの音楽家がオリジナル音楽を演奏して配信を行うライブ配信を行うライブ配信も流行っています。

コロナ禍によってライブの中止や規模の縮小が相次ぐ音楽ライブがその代わりの手段として配信サービスが伸びています。

この機能にはアーティストを応援する機能であったり、複数の角度から映像を見られるといったリアルの公演に負けない興奮を自宅でも味わうことができます。

コロナ禍以前のライブ配信はインディーズバンドが中心でありましたが、ポピュラーになりつつあります。

ライブ配信には2種類に分かれる?

外出自粛の影響で世の中に浸透した「ライブ配信」ではありますが、大きく分けて2種類あるのはご存知でしょうか?

・リアルタイムの配信

・過去のライブ配信映像

上記の2種類に分かれます。

どちらもメリットやデメリットがありますので、自分自身の音楽のテイストや届けたい音楽の相性などと比較検討しながら決めてみるようにしましょう。

リアルタイムの配信

リアルタイムの配信は視聴者とリスナーがリアルタイムでコミュニケーションを行えるという点です。

例えば「質疑応答などインタラクティブな演出が可能」であったり、「視聴者との一体感が強く臨場感がある」ということ「親近感が生まれやすい」ということです。

過去の収録したライブ配信映像だと配信側からの一方的なコミュニケーションになりがちではありますが、リアルタイム配信であればチャットなどを通じて視聴者とダイレクトに交流が可能です。

これによって演奏者と視聴者の一体感が高められ親近感が生まれやすいのです。

過去のライブ配信映像の場合

過去のライブ映像配信ですと、リアルタイムに比べ回線が安定しやすいということと、機材トラブルの可能性も低いということが特徴です。

その為に動画が粗くなったり、音質が悪かったりという配信トラブルを回避することができます。

そして、リアルタイムの配信ですと、想定外な内容が配信される可能性もありますが、過去のライブ配信映像であると、内容を編集することができますので、安心して配信を行うことができるのです。

音楽を演奏するならライブ配信アプリで行おう!

さて、音楽配信を行うにはライブ配信を行うことがおすすめということが分かったかと思います。

このコロナ禍ですと、リアルタイムで配信ができるライブ配信というのは視聴者に音楽を届ける最高のツールなのではないでしょうか?

さて、ライブ配信で音楽を届けたいそのような方がいるのではないでしょうか?

どんなアプリを使えばよいのか分からないかたもいるのではないですか?

そのような時はライバー事務所LAVALが適切な配信アプリをお教えいたしますので、ご興味があれば一度ホームページをご覧いただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました