アクセサリーを作りながら配信?ハンドメイド作家さんに朗報

アクセサリーを作りながら配信?ハンドメイド作家さんに朗報 ビジネス

現在様々なネットショップが増えていて誰でもショップのオーナーになることができます。

今はコロナの影響でハンドメイドのイベントがほとんど中止になっているので、ライブ配信をすることで、お客様にアピールすることが可能です。

今回はハンドメイド作家さんに朗報なライブ配信についてご紹介します。

ライブコマースでアクセサリー配信?

ライブコマースというのはリアルタイムでコミュニケーションが可能なライブ配信です。

ショップのスタッフがリスナーが抱く不安であったり疑問に応えながらアクセサリーの紹介やコーデをご紹介していきます。

商品の詳細や使用方法など気になる点などあれば、すぐ質問出来る形、そして商品を気に入った場合には商品をすぐ購入することが可能です。

ライブ配信を楽しみながらお買い物を楽しんでもらえるという機能です。

オンライン上で1対1の接客を実現する新しい形である「ライブコマース」はコロナ禍で脚光を浴びています。

2020年の下半期はアパレル系や百貨店がこぞって「ライブコマース」にチャレンジしました。店舗に行く時間や機会を持つのが難しい方に向けた新しい買い物体験を提案します。

百貨店などではアクセサリーのライブコマース1回の放送で売上200万円を獲得した成功事例もあるようです。

ライブコマースの成功のポイントとは?

さて、ライブコマースを成功させるのに重要なもの、そして気を付ける点などは何でしょうか?

ライブコマースで相性の良いジャンルを考える

ライブコマースと相性の良い商品と言われているのが衣料品やグルメ、日用品やコスメや美容、装飾品などです。

動画配信ということで見栄えが良く、トレンドのある商品が適しているのです。

そして反対に相性が悪いのは年齢層が高い人向けの商品になります。

ライブコマースはライブ配信を日常的に行っている若い世代に向いている販売手法になっています。

ですので、ライブ配信をあまり利用しないような高齢の方向けの商品は避けた方が良さそうです。

配信者の選定

ライブコマースでは配信者の選定が成功の鍵となっています。

配信者はタレントやインフルエンサーや自社の社員などに分かれます。

タレントやインフルエンサーを起用する場合には彼らのファン層が商品に合うかどうか、商品に対して興味があるかどうかというのを見定める必要があります。

多くの視聴者を集めても商品の購入に繋がらなければ意味がありません。

そして自社の社員が配信者になる場合でも商品のターゲット層と同じくらいの年齢の社員を起用すれば親近感をもって貰いやすいのかもしれません。

ライブ配信者に商品知識があるかどうか?

配信中に配信者が商品に興味や知識がない場合は視聴者にすぐに見抜かれてしまいます。

タレントやインフルエンサーを起用する場合でも商品説明を事前に行い、もともと興味があるというような方に依頼をしましょう。

自社の社員が配信を行う場合には商品理解や熱意があって商品説明に慣れている人を起用するのが良いでしょう。

継続的に同じ人が出演すれば、視聴者に社員のことを覚えてもらえますし、ファン獲得にも繋がります。

視聴者に満足してもらえるようなコンテンツの準備

視聴者は商品の購入が目的ではなく、配信をただ見に来たという人がほとんどなので、配信の内容であったり、環境が悪い場合には離脱しかねないので、視聴者に満足してもらえるコンテンツの準備が必要となります。

配信の内容を視聴者任せにするのではなく、配信者と企業側で協力して視聴者が楽しめる台本を作りましょう。

ユーザーがリピーターになるような企画だったり配信頻度も工夫することが大切です。

ライブ配信でハンドメイド作品を知ってもらう

ハンドメイド配信の場合は必ずしも顔出しをする必要はありません。

例えば手元だけ映してアクセサリーを作りながら配信でも良いのです。

何かを始めたい」と思ったり「何かを作りたい」といったユーザーのニーズを満たすということがコンテンツ作りの重要なポイントになります。

その結果としては撮影時に制作したものをECストアで販売したり、ワークショップを開催して収入に繋げたりします。

もし、公開をした動画が人気になった場合にはYouTubeでの発信自体が収入になってきます。

ハンドメイド作家さんは今すぐライブ配信をはじめよう!

さて、いかがでしたでしょうか?

もし、アクセサリー作りの特技などがあれば、ライブ配信を始めてみてはいかがでしょうか?

ライバー事務所LAVALなら初心者の方にも始めやすい環境が揃っています。

もし少しでも興味があればまずはホームページをご覧になってみてください。

タイトルとURLをコピーしました