インスタの盛れるフィルターとは?すっぴんでも大丈夫?

アプリ

インスタグラムに写真を投稿の際に専用のカメラアプリを使っている方が多いのではないでしょうか?

実はインスタの公式アプリには写真を盛れて楽しめるエフェクト機能があります。

今回はそんなインスタのエフェクト機能についてご紹介していきます。

インスタグラムのエフェクト機能について

インスタグラムのエフェクト機能には写真や動画に加工を施す機能で、ストーリーの場合はエフェクトをつけながら撮影をすることが可能ですので今すぐ盛りたい方に便利な機能になっています。

さて、そんなエフェクト機能をどのように使うかといいますと、まずは「ストーリーの投稿画面」を開きます。

そして、画面左下にある四角いアイコンをタップします。

そして、スマホ内にあるカメラロールが開くので加工したい写真を選びます。

そうすると画面上部にキラキラマークが出るのでタップします。

画面下部にエフェクトが表示されるので好きなものを選択して完了ボタンをタップします。

スタンプやテキストの記入を任意に行ってストーリーや親しい友人などの共有したい範囲をタップします。

これで簡単にエフェクトをつけた撮影ができるようになります。

ライブ配信のお仕事に興味がある方大募集!

 

ライブ配信はライブ配信アプリを使いリアルタイムで配信を行い、見る人、聴く人を楽しませます。

LAVALは20年間イベントコンパニオン、モデル、アナウンサーなどをマネジメントしている会社が運営を行っており、とてもアットホームな事務所です。

ライブ配信のお仕事を行うにあたり、配信前にはしっかりと研修を行い配信後も何か困ったことがあれば、配信経験のあるマネージャーが随時サポートします。

 

スキルアップのセミナーも随時オンラインにて開催中です。

 

事務所に専用の配信スペースや機材の用意もありますので、お家に配信環境が整っていない場合もご安心下さい。

 

ご興味のある方はこちらから↓

ライバー事務所LAVAL

 

インスタグラムの盛れるエフェクトをつけながら撮影する方法は?

ストーリーの投稿画面を開いて画面下部にある撮影ボタンを左右にスライドして好きなエフェクトを選びます。

そして、エフェクトを選んだ状態でボタンを押して撮影をします。

そしてこのエフェクトはインスタグラムの公式が用意したものだけではなく、クリエイターが作ったオリジナルのものなどもあります。

オリジナルのエフェクトには投稿プラットウォームの「Spark AR」にアップされていてインスタグラムのユーザーなら誰でも自由に使うことができます。

そして、簡単にエフェクトを探したい場合には「カテゴリー」から探してみるようにしましょう。

手順はエフェクトの欄を一番右までスライドし、エフェクトギャラリーに移動します。

画面上部にカテゴリーが表示されるので、好きなカテゴリーを選びます。

お気に入りのエフェクトが見つかったらエフェクトを開き、右下の「…」ボタンをクリックします。そしてエフエクトの保存をタップします。

画面が保存済みのエフェクトに変わったら完了です。

次に「キーワード検索」から探す方法です。特定のエフェクトが欲しい場合にはキーワード入力して探してみましょう。

キーワード入力して探す方法はエフェクトギャラリーの画面で右上の検索ボタンをタップします。

検索窓にキーワードを入力します。

お気に入りのエフェクトが見つかったらエフェクトを開き、右下の「…」ボタンをタップします。そうしたあとは「エフェクトの保存」をタップします。

インスタグラムの盛れるフィルターのご紹介

それではこちらではインスタの盛れるエフェクトをご紹介します。

Blue butterfly

サロンモデルやYouTuberとして活動するめいまるさんが作成したエフェクトになります。美肌と小顔、そしてデカ目も適応されるのでプリクラに近い仕上がりのエフェクトになります。

愛がなんだ

こちらもめいまるさんが作成したエフェクトになり、映画の題名から取った「愛がなんだ」というフレーズとフォントがおしゃれです。

ツヤ肌:HEART♡4人対応

K-POPダンスインストラクターとして活動するLunaさんが作成したエフェクトでスリム系の小顔と鼻筋やリップに適応されるツヤ肌が特徴的になります。

韓国好きのクリエイターさんが作成しているので韓国系の顔を意識したエフェクトになっていると思うので韓国好きのユーザーはこれでインスタ映えを狙うようにしましょう。

kirakira(rinucostudio)

rinucoさんが作成したキラキラフィルターが付いたエフェクトになります。美肌、小顔効果とシュッとした鼻筋のエフェクトも適応されるので、美女風の仕上がりになります。

タイトルとURLをコピーしました