ポコチャはリスナーのマナーが良いし優しい?大切なのは温かいコミュニケーション

ポコチャはリスナーのマナーが良いし優しい?大切なのは温かいコミュニケーション Pococha(ポコチャ)

ポコチャにも様々なリスナーが存在します。

結論から申し上げると99パーセントは優しくて、とてもマナーのよい方ばかりであると思います。

残念ながら多くの人が行き交うアプリなので、合わないこともあったりします。

ですがそのような場面を通して、互いに学び合っていける場所でもあります。

高めあい成長できる、それがこのアプリの魅力です。

今回はポコチャのリスナーのマナーは良いのか?

という点について解説していきたいと思っています。もし疑問に思う方などいれば、ご覧いただければと思います。

 ポコチャのリスナーはマナーが良くて優しい?

 冒頭でも述べましたが、99パーセントはマナーがよくて優しいリスナーで構成されています。 

例えば初見さんがやってきてくださったら、アシスタントさんを中心に多くのリスナーが挨拶をして歓迎してくれます。

また、他の枠で仲良しのリスナーに会ったとき、挨拶や会話を楽しんでくださっている姿も多々目にします。

さらにベテランになってくと、その枠が初見でも、困っているライバーやリスナーがいたら声をかけて助けてくださる方が本当に多いです。

みんなで助け合って楽しむ、それがポコチャにはあると思います。 

ポコチャではコミュニティハンドブックに始まり、毎月のポコベースやポコフォーラムなど開催されています。

そこで多くのユーザーさんと運営さんの声が取り入れられ、様々な場所に反映されているのも大きいのではないでしょうか。 

ポコチャのリスナーの思いやりとは? 

みんな」が楽しめる、「みんな」で支え守っていくにはどうすればいいのか。

自分だけではなく周りのことをしっかり考えてくださっている人が多いです。

 例えばポコチャでは「ポコチャレ」という誰でも参加できるイベントがあります。

ミッションをクリアするとコインがもらえるのですが、そのクリアするためには多くのリスナーの力が必要です。

普段配信しない方も、推しさんのためにコインを稼ごうとチャレンジされる方がたくさんいます。

そんなときにいろんなつながりを介してや、タグを巡回してくださっている人がいて、助けてくださるのです。

 助けてくださった配信者さんはそれが本当にうれしくて、自分も助けにいきたいと枠周りが始まります。

それがポコチャの思いやりリレーです。

助けてくれた感謝の気持ちを、次の人につないでいく。

素敵なカタチであると思っています。

 

逆にライバーに嫌われるリスナーってどんな人? 

純粋に、ライバーが「いやだ」ということを行うリスナーだと思います。 

これはポコチャに限らず言えることですが、自分が嫌なことを続けてくることをいいと思う人はいないと思います。

1回目の間違いは仕方が無いと思います。

知らなかった、気づかなかったというのは誰でもあります。

ですが2回目は確信犯です。 

枠はライバーの「お家」です。

ライバーは基本的に引っ越しすることができず、そこにきてくださったリスナーと配信を楽しんでいます。

自分のお家で悪いことをする人を好きになることはほぼ難しいです。 

リスナーは、ライバーは嫌だと言うことはしないようにしましょう。

また、ライバーも嫌だと思うことは、素直にリスナーに伝えてあげるようにしましょう。

もしかしたらあなたの悲鳴が、リスナーに伝わっていないこともあります。

お互いに楽しめる工夫をしていきましょう。

 ポコチャにはマナーの良いリスナーが沢山!不安な際はライバー事務所に所属がおすすめ

みんながみんな、ちゃんと毎回正解のアクションをとっているわけではありません。間違えるときもあります。そんなときに「ありがとう」と「ごめんなさい」。

感謝と謝罪の気持ちを持って次に望めるか、そこが重要になっていくと思います。

一緒に学んで成長して、楽しめるのがポコチャにいる人の素敵なところであると思っています。

ポコチャの配信を行う際に不安に思うことはありますか?

そのような時は事務所所属のライバーになることをおすすめします。

アットホームなマネージャーが配信についてアドバイスしながら安心して配信を行うことができます。

もちろんマナーの悪いリスナーがいた際にはすぐに対応してくれますので、安心です。

配信を行うからには楽しんで配信を行いたいものだと思います。

もしLAVALに少しでも興味がありましたら、一度ホームページをご覧いただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました