自慢の声になろう!透き通る声の出し方は?

ライフスタイル

声のお仕事などをされている方の中には透き通るような声を出せたらどんなに良いかと思っている方もいるのではないでしょうか?

中には大きな声を出しているのに声が聞こえづらいと言われたり、何度も聞き返されたりされたことがある方もいるのではないでしょうか?

今回はそのような悩みを抱えている方のために透き通る声の出し方についてご紹介していきたいと思います。

声が小さい人には原因がある?

スポーツの応援やカラオケで思い通りに大きな声に自信があるという方はもちろんいると思います。

そして叫んでも歌っても自分で想像しているような大声が出ない、出せないという悩みを持っている人もいます。声が出ない人の原因とは何なのでしょうか?

口の開きが小さいこと

人と内緒話をするとき口をあまり開けないで話すかと思います。

口の開きが小さい場合にはそこから発せられる声も当然小さくなります。

小さい声を出す場合は口を小さく開けて大きい声を出すときには大きく開けるのは基本となります。

口の開きが小さいと声が口の中にこもってしまうので大きな声が出せません。

声帯が閉じていないこと

閉じた声帯に肺からの息があたって振動することで声は出ます。

人は呼吸をするとき意識しない場合でも声帯を開閉しています。

息を吸うときには声帯は開き、声を出すときに閉じるという具合です。

声帯の閉鎖力が弱い場合肺からの空気が通り抜けてしまって上手く声帯を振動させられません。

大きな声を出しているつもりでも実際イマイチ声が出ていないという人は声帯が上手く閉じていない可能性もあります。

息漏れを防ぐ方法としてエッジボイス(あーっと発声し、その声を低くしていき限界で出るかすれた声)の練習をしましょう。

姿勢が悪い

声は喉や声帯を通って出されます。

そのため、姿勢が悪くて声の通り道である喉や声帯が狭まってしまうと大きな声がでにくくなってしまいます。

姿勢を正して声の通り道を広くすると大きな声が出しやすくなります。

姿勢を正して声の通り道を広くすると大きな声が出しやすくなります。

舌の力が弱い

声の高さや声量を微調整する役割を持つのは舌ですが、舌の調整力があれば、大きな声や高い声を出すことが出来ます。

大きな声が出ない人は普段から口が開いていて舌が緩んでいて舌の筋力が衰えている可能性があります。

舌の筋力が衰えていれば思ったような声量が出せないという結果に繋がります。

ライブ配信のお仕事に興味がある方大募集!

 

ライブ配信はライブ配信アプリを使いリアルタイムで配信を行い、見る人、聴く人を楽しませます。

LAVALは20年間イベントコンパニオン、モデル、アナウンサーなどをマネジメントしている会社が運営を行っており、とてもアットホームな事務所です。

ライブ配信のお仕事を行うにあたり、配信前にはしっかりと研修を行い配信後も何か困ったことがあれば、配信経験のあるマネージャーが随時サポートします。

 

スキルアップのセミナーも随時オンラインにて開催中です。

 

事務所に専用の配信スペースや機材の用意もありますので、お家に配信環境が整っていない場合もご安心下さい。

 

ご興味のある方はこちらから↓

ライバー事務所LAVAL

 

透き通るような声にする為声の出し方は?

さて、通る声にする為にはどのようにしていけば良いのでしょうか。こちらでは通る声にする為の改善方法についてご紹介していきます。

喉を開くこと

喉の空間を広げることです。喉を開く感覚を掴むために手を息でハァーっと温める動作をしてみてください。

このとき自然と喉が開いた状態になります。

何度も繰り返して感覚を掴んでいきましょう。

感覚が掴み切れていない状態で意識的に喉を開こうとしてしまうと身体に無理な力が入りやすくなってしまった、違和感のある不自然な話し方になったりしてしまいます。

まずは自然にラクに喉を開けるような感覚を掴むということを目指していきましょう。

息漏れを少なくすること

発声の時の息漏れが多い方は声帯閉鎖を鍛えるようにしましょう。

この声帯閉鎖というのは発声の時に声帯が閉じている状態のことを言うのですが、声帯が閉じている状態は声帯を形作る2枚のひだのすき間を空気が通り、声帯が振動することで声が出ます。

声帯が適度に閉じた状態で発声すると声がよく響く上に芯があって通りやすくなります。

そして声帯閉鎖を鍛えることで声帯の閉じ具合を自在にコントロールできるようになります。

そして様々な声質の使い分けもできるようになります。

滑舌を改善する事

滑舌とは基本的にはっきりと発音するための口や舌の動きの事を言います。

滑舌が悪いと明瞭に発音が出来ない為声の通りが悪くなります。

滑舌が悪い原因としては口の動かし方の問題であったり、ボソボソと話すクセが考えられるでしょう。

そして呼吸の不安定さと絡み合って起こっている可能性がありますので、多角的に原因を考える必要があります。

普段からボソボソと話してしまう方は滑舌を良く話すことを意識するだけでも改善をすることができるようになります。

タイトルとURLをコピーしました