パーソナルカラー診断って何?自分の似合う色で自分の魅力を引き出そう

未分類

パーソナルカラー」というものを聞いたことはあるでしょうか?自分の肌に似合う色を見つける方法として人気の診断方法です。

一体どのように診断していくのでしょうか?今回はそのパーソナルカラー診断についてどのように診断するかなどを紹介していきたいと思います。

パーソナルカラーって何?

パーソナルカラーと言うものは、肌の色や髪の色、目の色などの自分が生まれ持った色素を元にしてその色素と調和の取れる色(=自分に似合う色)のことを指しています。

このパーソナルカラーをメイクに取り入れると肌や顔色を美しく見せることができます。

もし、このパーソナルカラーを知らない場合には肌がくすんでしまったりすることもあります。

パーソナルカラーの知識をつけておくことで、似合うメイクや服が分かります。

ライブ配信のお仕事に興味がある方大募集!

 

ライブ配信はライブ配信アプリを使いリアルタイムで配信を行い、見る人、聴く人を楽しませます。

LAVALは20年間イベントコンパニオン、モデル、アナウンサーなどをマネジメントしている会社が運営を行っており、とてもアットホームな事務所です。

ライブ配信のお仕事を行うにあたり、配信前にはしっかりと研修を行い配信後も何か困ったことがあれば、配信経験のあるマネージャーが随時サポートします。

 

スキルアップのセミナーも随時オンラインにて開催中です。

 

事務所に専用の配信スペースや機材の用意もありますので、お家に配信環境が整っていない場合もご安心下さい。

 

ご興味のある方はこちらから↓

ライバー事務所LAVAL

 

パーソナルカラーを見分けるにはどうしたらいいの?

自分のパーソナルカラーを見分ける際にはまず肌の「色み」を見ることです。

そして「イエローベース(イエベ)」「ブルーベース(ブルべ)」なのかを判断します。

イエローベースは一般的に黄みを含むように感じる肌色であり、温かみのある印象の場合は「イエベ」で青みを含んだように感じる肌色でクールな印象の場合は「ブルべ」になります。

イエベはイエローベースの色、ブルべはブルーベースの色と調和しやすい傾向にあります。

そこから彩度(鮮やかな色味)や明度(明るい色や暗い色)や質感などを考慮して「イエベ春」「ブルべ夏」「イエベ秋」「ブルべ冬」といった4つのパターンに分類されます。

春タイプの方が秋タイプに似合う色を使用してしまうと、肌がくすんでしまったり色が浮いて見えたりするので、自分がどのタイプか把握しておくことで、似合うメイクや服が選べます。

ブルべは色白なイメージを持たれやすいのですが、イエベで色白の肌の場合、髪や瞳の色・コントラスト・質感や雰囲気などの様々なことを考慮して総合的に判断するということが良いでしょう。

パーソナルカラー別の肌の特徴似合うメイクカラーなど

さて、こちらではパーソナルカラー別の肌の特徴と似合うメイクカラーをご紹介します。

イエベ春タイプ

イエベ春タイプ明るく爽やかな印象で親しみやすくて生き生きとしたイメージです。

肌は黄色みを帯びており、色白な人が多いです。

また血色が良くて艶があり、健康的なバラ色のほおです。

髪は明るいブラウンで絹糸のように繊細で細いのでツヤがある傾向です。

瞳は虹彩が明るく白目と黒目のコントラストがはっきりとしていて瞳がキラキラしている印象です。

似合うメイクやカラーとして、ナチュラルでキュートなメイクがおすすめとなります。

光沢のある肌づくりができます。カラーはオレンジやグリーンなど、クリアでハッキリとした色が似合います。

ブルべ夏タイプ

ブルべ夏タイプの第一印象はソフトで上品で知的なイメージです。

肌は赤みを帯びてピンクがかった繊細さが特徴となります。

クマが出やすい人も日焼けはしづらくて日焼けをしたとしても赤くなってすぐに落ち着くことが多いです。

髪色はというと、真っ黒というよりは、アッシュグレーなどが多いです。

メイクはコントラストが強くなりすぎないよう、穏やかなトーンでまとめるメイクが一番です。

下地にラベンダー系の色を使用することで、肌の透明感がでます。

イエベ秋タイプ

イエベ秋タイプは第一印象はシックで落ち着いたイメージであり、大人っぽい雰囲気になります。

肌は黄みが強くてマットな雰囲気だったりゴールドがかかったような深い色が多いです。

似合うメイクカラーとして、大人っぽいメイクを意識する事が大切です。

ブラウン全般だったり、深みのある落ち着いた色を使うといいでしょう。

ブルべ冬タイプ

ブルべ冬タイプはキリッっとしていてカッコいい印象です。

華やかで一目を引くような印象、そして、肌は色白もしくは色黒で頬や耳たぶに赤みがなくて赤面しづらいという点が特徴となり、アイラインとリップをポイントにしたメイク、メリハリのある目元を強調したメイクが似合います。

タイトルとURLをコピーしました