自己PRを効果的に伝えるなら?効果的なプレゼン方法について

仕事・求人

自己PRは一体何をアピールすればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

自己PRを効果的に伝えるにはどのようにしたらいいのでしょうか?

今回は自己PRに必要なプレゼン方法についてご紹介します。

自己紹介と自己PRの違いとは? 

似たような語感から、同じもの、と思われる方もいらっしゃるでしょうが、 自己紹介と自己PRは似て異なるものです。

 自己紹介とは、自身の基本の情報を紹介する事です。

 名前、経歴、資格や趣味などの自身を形作る要素を、簡単にまとめて伝えます。 

次に自己PRですが、自身の長所をアピールする事を指し、基本的に自己紹介の後に行うものです。

 PRとは、Public Relations、宣伝、広報、広告を意味します。 

面接の際の自己PRとしては、自身の採用によって、雇う側にどのようなメリットがあるかを 伝えられる絶好の機会となります。 

このような違いのある自己紹介と自己PRですが、混同しがちです。

 求められた際には、取り違えないように注意したいものです。

ライブ配信のお仕事に興味がある方大募集!

 

ライブ配信はライブ配信アプリを使いリアルタイムで配信を行い、見る人、聴く人を楽しませます。

LAVALは20年間イベントコンパニオン、モデル、アナウンサーなどをマネジメントしている会社が運営を行っており、とてもアットホームな事務所です。

ライブ配信のお仕事を行うにあたり、配信前にはしっかりと研修を行い配信後も何か困ったことがあれば、配信経験のあるマネージャーが随時サポートします。

 

スキルアップのセミナーも随時オンラインにて開催中です。

 

事務所に専用の配信スペースや機材の用意もありますので、お家に配信環境が整っていない場合もご安心下さい。

 

ご興味のある方はこちらから↓

ライバー事務所LAVAL

 

 面接などで自己PRを伝えるエピソードを選ぶ方法! 

面接で伝えるエピソードは、イメージが具体的に目に浮かぶものを選びましょう。

ぼんやりとした当たり障りのない話では、魅力が何も伝わりませんし、面接官に印象付ける事も出来ません。 

自分をアピールできるエピソードなんて思い浮かばない、という方には勧めの方法があります。 

それは今までの印象的な体験を紙に書き出してみる事です。 

紙に書き出して整理してみると、意外と様々な経験がある事に気が付くはずです。

 成功や栄光といった輝かしいものだけではなく、 失敗や挫折などの一見マイナスに感じられる話であっても、充分にエピソードとなり得ます。

 よう 「挫折したが、人に支えられた」など。 

どんなマイナスなことでも、プラスに変える事が出来るものです。

 自己PRを伝える話し方は? 

どんなに素晴らしい自己PRの内容を準備していても、伝え方によっては魅力が減ってしまいます。 

面接官に分かりやすく伝わるよう意識して話しましょう。 

まず、結論や要点を一言でまとめて伝えることが肝心です。 

私の長所は〇〇です」のように簡潔に伝えます。 

その後、それを裏付ける具体的なエピソードを伝えましょう。 

履歴書に書いた通りの事を話すのではなく、面接官にとって初耳となる情報も加えてPRしましょう。

 自己評価だけでなく、「表彰された」「こんな言葉をかけられた」などの他者からの評価を伝えられると より魅力的な自己PRとなります。

 また、基本中の基本ではありますが、大きな声ではっきりと、相手の目を見て話す事も忘れないようにしましょう。

 自己PRの例文にはどんなものがある? 

イメージの湧きにくい、ぼんやりとした例文では、書類選考の時点で良い印象を与えられません。 

例文では、以下のような流れで自分をアピールすると分かりやすいとされています。

 1、長所は何であるかの説明 2、具体的なエピソード 3、その経験は採用後、仕事にどのように生かせるか 最近では自己PRを作成できるサイトなどもありますので、内容の濃い例文作成の為に、有効に活用しましょう。 

また、内容をしっかり練る事も大切ですが、面接を受ける会社に沿った内容となるよう心掛けましょう。 

あまりにかけ離れた内容では、雇う側も働いている様子をイメージする事が出来ません。 

採用担当者の目線となって、長所を生かして働いている姿をイメージできる例文がベストです。

 面接の自己PRを1分で行う方法は? 

面接で急に1分の自己PRを求められて焦らないためにも、準備をしておく必要があります。 1分間に喋る量は300文字程度と言われていますので、意識して例文を考えましょう。

 書類に記載したものと全く一緒にならないように、要点を外さず300文字程度でまとめれば大丈夫です。 実際に面接で話す際は、緊張して、早口にならないよう気を付けましょう。

 ゆっくり話す方が堂々として見えます。

また、面接官の目を見て話す事も忘れないようにしましょう。 

少し難しいイメージのある1分間での自己PRですが、上手に出来れば最高のアピールとなります。

 面接までに誰かに見てアドバイスをもらったり、タイマーやストップウォッチで時間を計りながら何度も練習をしておくと良いでしょう。 

自己PRはとても重要なポイント

 就職や転職活動において、自己PRは書類・面接共に重要なポイントとなります。

 雇う側にとって、どんなメリットがある人材なのか、いかに魅力的であるかが鍵となります。

 分かりやすさ、具体的な内容を意識して、伝わる自己PRを心掛けましょう。 

面接で喋ることが苦手な方は不安かもしれませんが、一生懸命さが伝わる事も大切です。

 話の内容よりも、真面目さ・朗らかさなど、自然とにじみ出る人柄が何よりの自己PRとなるかもしれません。

自己PRが得意な方はライブ配信のお仕事もあります。

タイトルとURLをコピーしました